萌え発散
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ご挨拶と更新と近況
■ご挨拶■
ご来訪ありがとうございます。
ワールドトリガー
狼陛下の花嫁
VOCALOID_KAITO
を愛してやまない ゆこと申します。
絵とか感想とかをかいたりしてます。
萌爆散!←散ってどうする
> 更新と近況
■支援・主張・宣伝■
Counter
WT誕生日整理用カレンダー
RECOMMEND
figma KAITO (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
figma KAITO (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) (JUGEMレビュー »)

これでコート丈がもっと長ければ言う事無いw
カイト V3(KAITO V3)
カイト V3(KAITO V3) (JUGEMレビュー »)

兄さん立派になって…!
Vocaloid Kaito
Vocaloid Kaito (JUGEMレビュー »)

構ってあげられなくてごめんね…
<< 更新履歴と拍手お返事_2012/3月分 | main | 手乗り婿 >>
LaLa4月号第32話感想
category: 狼陛下の花嫁 | author: ゆこ
0
    どうもこんばんは。

    今回かなり遅い感想ですみませんー!
    前回の素早さはどこに…?
    ありがたくも楽しみにしていると声を掛けて頂きまして…
    大変嬉しくありがたいことです。
    お待たせしましてホント申し訳ありません!

    しかし、今回は書きたいことが多すぎてたまらんです!
    自分の中で収集がつかない感じ(笑)


    本誌はしっかり23日に入手致しました。
    発売日に休みっていいですねぇ。

    そうか。仕事の後だと本屋に行けないのなら休暇を獲ればいいんだ!
    3月23日は早速休暇の申請をしようと思います。
    いえ、しました(笑)


    3月11日
    やっと完成。
    遅くなりまして申し訳ありませんでした。

    えーでは…以下感想!
    まずは付録の6巻カバー!
    春の宴の装いの二人!
    夕鈴さん真っ赤な衣装だったのですね!
    陛下のお膝というか胸というか…とりあえずがっつり密☆着!
    特筆すべきは夕鈴の右手です!
    陛下の背中(腰?)にまわっておるではありませんか!これは良い密☆着!
    陛下の右手はフード?頭巾?をおろしている感じ?
    とりあえず夕鈴のふとももの感じがたまらんです。

    扉。
    「跳ねる気持ちを受け止めてーv」
    受け止めますともー!どんとこい!さぁこい!はぁはぁ←お前じゃない。
    新章スタート!だそうです。そうか新章かぁ。
    だっこはもはや基本ですよね。
    陛下…どんどん首が太くなって…ときめくやないか!(笑)

    本編ですが。
    王都 乾隴といいますと城下町というところでしょうか。
    飲食店での噂話が「狼陛下のお妃様」の事が話題らしい。
    雰囲気的には非友好的っぽいですが…城下ではお妃様はどういう扱いなんだろう。
    そして謎の人物!
    誰?アンタ誰?イケメンの予感!
    パッと見官吏の服に見えないことも無いですが…
    城下で官吏の服はどうかと。
    それに剣!帯刀してますよ。
    この国は帯刀の基準はどうなんだろう?
    この人の正体については次回予想にて存分に(笑)


    そして夕鈴さん。
    いきなり「実家に帰らせてください」宣言。
    慌てる陛下がいとおしいなこのやろうがー!
    そうか小犬化か…。
    そうですよね、狼陛下で引き留めようとしても逆効果ですものね。

    実家宣言は青慎のお手紙のせいでした。
    やっぱりお父さんやらかしましたね(笑)
    そして例の如くついていこうとする陛下を李順氏が止めます。えぇ。しっかり。お仕事ぎっちりみっしりだそうで。
    李順氏がいるってことはたぶん陛下の部屋と思われます。

    泣きながらお休みの許可を請う夕鈴に陛下なんか固まってぷるぷるしてますよ(笑)
    そうか、キュンときたか!きたんだな?萌えですね!いや、萌えたのは私だー!(笑)
    天然とはいえおなごの武器を使われちゃぁねぇ。
    ぎゅっとしたかろうに。よく耐えた陛下!


    そして捨てられた小犬のような陛下を残して、ドキドキワクワクの下町編に突入であります!

    えー…怒りの老婦人です。
    お父さん怪我させちゃったみたいです。もう、うっかりさんv
    某会社で電話でのクレーム対応している身としましては心臓に痛いタイプです(苦笑)
    しかも几鍔のおばぁさまです。元気がいいです。
    普通問題ごとは家長が責任をとるもんだと思いますが…
    そこまでお父さんダメな子なのですか…(笑)名前渋いのに…岩圭さん。
    お金持ちだからか治療費いらないから身の回りの世話をするよう要求が。
    夕鈴…不憫な…
    几鍔も思わず同情です。
    何かあったらオレにとか言いますが無下に断られます。
    流石夕鈴フラグクラッシャーぶりは健在です。

    そして夕鈴と青慎の姉弟の会話っぷりの可愛さといったら。
    もうホント夕鈴おかんですね。聖母の笑みだ…

    一方陛下は、ぎっちりみっちりお仕事中です。
    李順氏大量のお仕事と、几家の調査書を持ってきました。
    流石陛下を解ってらっしゃる(笑)
    まぁ、そういう指示だったんでしょうけど。

    20120306_1.png

    調査書を読む陛下寂しそう…!

    夕鈴は…小間使い生活の始まりです。
    モリモリこき使われてます。
    すっごい口うるさいけどそこで李順氏の顔が浮かぶあたり…(笑)
    李順氏の夕鈴の扱いも大概ですけど夕鈴の李順氏の扱いもアレですね。
    そしてここにも謎のイケメンらしき影が…!

    その日のお勤めが終わってお家で夕飯の仕度をしている夕鈴さん。
    「私がしっかりしなきゃ」と切ない決意をしてます。ほろり。
    陛下ー!幸せにしてあげてー!!
    そして陛下の心配をしている所に来客です。

    「夕鈴!来ちゃった!」
    陛下来ちゃいました!!いい笑顔で(笑)
    ちょ、陛下来るの早すぎです!
    来るとは思ってたけど(笑)まさかこんな早いとは…
    小犬「待て」できない。
    ホント…できないんだねぇ…。
    狼陛下ならできるのかというと微妙な気がするし。
    狼だから待てする必要がないんでしょうけど。
    ここで私の頭をよぎったのは1巻巻末の李順氏の人物紹介の一文でした。
    「自由気儘な陛下のボロが出ないよう日々心をくだいている。」
    そして李順氏に心底同情した瞬間でした(笑)

    慌てる夕鈴。
    そりゃそうですよね。お仕事ぎっちりみっしりですもの。
    そして怒れる李順氏に怯える夕鈴。
    けろりとした陛下は夕鈴の心配です。
    ごたついていると弟君からきいて
    「なんなら僕 話つけてこようか?」
    話し合う陛下…?

    説得案その1
    「僕の花嫁返してよ」混乱を招く。
    説得案その2
    「私の花嫁を返してもらおうか」威す。
    説得案その3
    更に怪我を負わせて自分が責任をとる(笑)
    説得案その4
    口封じ(笑)

    …どうしようまともな話し合いができると思えない!
    結局夕鈴に即却下されてるんですけどね。
    自分の家の事だからと断って王宮に帰そうとする夕鈴に小犬から狼陛下に!
    そして何故かメガネをはずす(笑)
    壁に追い詰めて自分を頼るようお願いですよ。
    陛下切実。
    例の如く腰をぬかす夕鈴。
    まぁそれでも聞く夕鈴ではないですけど。
    ここで陛下と夕鈴自然に手をとってます。
    陛下も夕鈴がはいそうですかと聞くとは思ってないというか予想していたんでしょう…
    小犬陛下にかわります。夕鈴も怖がるしね。
    「他人の僕に口出しする権利はないって言うんだね」
    って言葉に夕鈴が "他人" の部分に反応しているのがなんつーか…かわいいね。
    陛下も困り顔。
    そして…





















    ちゅう入りましたー!!

    ついに陛下態度に出てきました。
    ついうっかりでちゃったんでしょうか。

    夕鈴茫然自失(笑)
    陛下のいやがらせだそうです。
    なんというすぅいーとな嫌がらせ!
    いいぞもっとやれ!

    明日も嫌がらせにくるから!と爽やかに去ってゆきました。
    王宮かと思ったら宿にお泊りのようです。
    陛下やるきです。

    腰をぬかした夕鈴さんが残されますが…
    大丈夫か夕鈴…いろんな意味で(笑)



    今回のまとめ的な。
    ・実家に帰る発言の陛下の取り乱しように激しく萌える。
    ・夕鈴と青慎の手紙のやり取りは李順氏の検閲が入るものなのでしょうか…そのへん気になる。
    秘密保持のためしょうがないとは思いますけど。
    秘密を洩らすようなことはないと信頼もされてそうですけど…ついうっかりポロリとかあるかもですし。
    李順氏「私だってやりたかないですよ!」とか言ってそう(笑)
    20120311_3.png
    ・ご婦人の捻挫。腕の捻挫みたいだけどころんで…ヒジとかかな?手とか手首じゃないっぽい。
    捻挫いいますと2週間くらいですかね。若くないからもっとか。
    でも事故発生から夕鈴に伝わるまでかなりかかりそうな気がするので治るまで何日かかるのか計り知れない…
    20120306_2.png
    以前から孫の嫁に狙ってたりして(笑)
    働き者で素直で家族思い。可愛い。何より孫が気に掛けてる。
    20120311_4.png
    ・待てができない陛下。うん。小犬でも狼だからしょうがないよ。
    ・でも陛下来るの早すぎです。食事の支度中の夕鈴さんの様子から、陛下に許可をもらってから早くて当日遅くても翌日と思うのですけど。
    朝に許可もらう→昼頃実家・几家へそのまま小間使い→夕方夕飯の仕度。
    夜に許可もらう→翌朝実家・几家へそのまま小間使い→夕方夕飯の仕度。
    仕事放ってきたとしたら…陛下にはちょい失望です。せめて王宮から通ってください。
    まぁ相手のお家が几鍔の家じゃなければ、陛下ももっと冷静になれたのかもしれませんけどね。
    20120311_1.png
    陛下、安心して!夕鈴自らへし折ってるから(笑)
    ・李順氏はそろそろ陛下が夕鈴を激しくお気に召している事に危機感をもってもおかしくないと思う。
    ・冒頭の思わせぶりな人については予想で。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://10101.ou3.daa.jp/trackback/1017823
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH